企業理念

企業理念      

カウンセリング+メンタルトレーニング =パシオンメンタルトレーニングプログラム (PMP)
「ゴールへの一歩を踏み出す前からのお手伝い 」
本来私たちは自分らしくイキイキと生きていることが「当たり前」です。当然のことですが、一人一人がとても尊い存在で、皆それぞれに輝ける力を持っています。しかし、日々を過ごす中で様々な事が原因となり、自信をなくしたり自分らしさを見失ってしまったり、本来は自分の力で輝けるはずが、自分らしさをどうやって取り戻して良いのか分からなくなってしまうことがあります。自分らしさを失うということはとても辛く、本当に苦しいことです。
心とは、目に見えないがゆえに、とらえどころのないものです。例えば、「強いメンタル」とはどういうものでしょうか。一例として、その「強いメンタル」について、私たちの考え方や、サポートをする際に大切にしている観点について述べたいと思います。
弱さは人間なら誰しもあって当たり前、かつ自然なことなので、弱さを無理になくそうとするのではなく、弱い自分が出てきても大丈夫、と思えるように、新しい思考回路をつくっていくサポートをしていきます。
・その望まない感情がどんな時に出てくるのか
・どこから来ているのか
・本当はどうなりたいのか
・なりたい自分になるには何が必要なのか
・何を手放せばいいのか
・そこから何を学ぶのか
など、他人との比較ではなく自分自身ととことん向かい合い、思考の癖を見つけて、間違った思い込みをなくしていきます。ここでは、向き合いたくない弱い自分を受け入れられるか、自分が変わっていくことを受け入れられるかが大きな鍵になりますが、これが本当の自分を知るチャンス、これがメンタルを強くするチャンスなのです。それらを自覚できたら大きな一歩となり、自分で自分の感情をコントロールできるようになる一歩にもなります。
パシオンのメンタルトレーニングは、
1.自分の心の状態を知り、対処法を探し、その対処法をストックしておくこと
2.新たな思考に書き換えたら、日頃からそれを行動に移していくこと
3.行動を習慣化できるようにトレーニングをしていくこと
その結果、
「気がついたら本当の在りたい自分であることが日常になっていく」
というトレーニングです。筋力をトレーニングするように、メンタルもトレーニングしていくことで、強く太くしていくことができるのです。私たちは、「強いメンタル=(強さも柔さも併せ持つ)しなやかなメンタル」と考えています。
カウンセリング領域では、心の専門家である私たちが本来の自分を取り戻すお手伝いをしていきます。
メンタルトレーニング領域では、その先にある夢の実現へ向かうサポートをしていきます。(PMP)
人の心は、その時々で、カウンセリング領域のメンタルに目を向けることが必要であったり、メンタルトレーニング領域のメンタルに目を向けることが必要であったりと変化を伴うものです。一般的には、カウンセリング領域、メンタルトレーニング領域どちらか一方のみ扱われることも多いのですが、パシオンで
は、様々なケースに応じて、カウンセリング領域、メンタルトレーニング領域の両面からアプローチしていくことが可能です。
カウンセリング+メンタルトレーニング=パシオンメンタルトレーニングプログラム (PMP)
「ゴールへの一歩を踏み出す前からのお手伝い 」